Japanese / English
nulデバイスとconデバイス - nulデバイスとは
nulデバイスは出力用デバイスとして使用すると出力が消えてしまい、ディスプレイにもファイルにも何も表示されません。
バッチスクリプト中でディレクトリの有無の確認等にも使用されます。ディレクトリの有無の確認はこちらをご覧下さい。
以下は、コピーを行うと表示される「1このファイルをコピーしました」という出力をnulにリダイレクトすることで表示されないようにしています。

入力をa.txtからコマンドに入力
入力をa.txtからコマンドに入力

nulデバイスとconデバイス - conデバイスとは
conデバイスは入力デバイスとして使用するとキーボードとなり、出力デバイスとして使用するとディスプレイとなります。
以下はcopyコマンドとconデバイスを使用して、キーボードから入力した文字をa.txtにコピーしています。
最後にCtrl+Zを入力してEnd Of Fileを入力しています。

キーボードから入力した文字をa.txtにコピー
キーボードから入力した文字をa.txtにコピー

以下はcopyコマンドとconデバイスを使用して、*.txtに一致するファイル内容を次々とディスプレイにコピー(出力)しています。

*.txtに一致するファイル内容をディスプレイに出力(コピー)
*.txtに一致するファイル内容をディスプレイに出力(コピー)

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.