Japanese / English
入出力先を変更するリダイレクト
Windows95/98/98SecondEditionの場合
リダイレクトを使用することによってコマンド結果の出力先をテキストなどに変更したり、入力先をテキストから入力したりすることが出来ます。
リダイレクトしなければ、標準入力はキーボードとなり、標準出力はディスプレイとなります。

以下はリダイレクト「>」を使用して、dirコマンドの結果をカレントディレクトリのa.txtに出力している例です。
この時、カレントディレクトリ(この場合、C:\)に既にa.txtが存在する場合は上書きされてしまいますので気をつけて下さい。存在しない場合は新規作成されます。

出力をa.txtに出力
出力をa.txtに出力

次に、リダイレクト「>>」を使用して、cdコマンドの結果をカレントディレクトリのa.txtの末尾に追加書きしている例です。
この時、カレントディレクトリ(この場合、C:\)に既にa.txtが存在する場合は末尾に追加書きされ、存在しない場合はa.txtが新規作成されます。

出力をa.txtに追加書きモードで出力
出力をa.txtに追加書きモードで出力

次に、リダイレクト「<」を使用して、sortコマンドに必要な入力をテキストからインプットしてみます。
a.txtの中身は、typeコマンドで表示しています。
typeコマンドについてはこちらを参照してください。
sortコマンドについてはこちらを参照してください。

入力をa.txtからコマンドに入力
入力をa.txtからコマンドに入力

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.