Japanese / English
echoと@
echoコマンドは、現在のエコー機能のON/OFFの切り替えをしたり、画面にメッセージを表示します。
引数なしで

echo
と入力すると現在のエコー機能がONかOFFかを表示します。

echo hello
のように引数にメッセージを指定すると、画面にhelloと表示します。これはエコー機能がOFFの状態でも表示されます。
echoコマンドのメッセージに |>< を書くとエラーが出ると思いますが、これは |>< が特別な意味を持つ為です。メッセージとして |>< を画面に表示したい場合は ^|^>^< というようにキャレット(^)の後に|><を書かなくてはいけません。
空白行を表示したい場合は

echo.
と書きます。echoとドット(.)の間に空白を入れないようにして下さい。

echoコマンドは主にバッチファイル中で使用されます。
バッチファイル中で

echo off
とすると、その行より下のコマンドはコマンドプロンプトに表示されません。(もちろん実行はされます。)
エコー機能がOFFになっている状態で、バッチファイル中で

echo on
とすると、その行より下のコマンドはコマンドプロンプトに表示されるようになります。

@の意味
ただし、実際にはバッチファイル中ではほとんど

@echo off
と書かれています。バッチファイル中のコマンドの先頭に@をつけることによって、そのコマンド自体(この場合echoコマンド)自体をコマンドプロンプトに表示しないようにしています。コマンド結果を表示しないわけではありません。

echoコマンドの使い方
echoコマンドの使い方

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.