Japanese / English
コマンドプロンプトのnetstat
netstatコマンドは、TCP,UDP通信の状況を一覧表示します。
コマンドプロンプトからnetstatと打つだけです。

C:¥>netstat
また、-nオプションをつけることでIPアドレスとポート番号がわかるようになります。

C:¥>netstat -n
定期的にnetstatコマンドを実行したい場合は秒数指定することもできます。以下は5秒ごとに実行する例です。

C:¥>netstat -n 5
コマンドプロンプトのstate
netstatで一覧表示するとそれぞれの接続状況が表示されます。
SYN_SENTは、クライアントがサーバに接続するためにSYNを送っている状況を意味しています。
サーバ側からACKが返ってきたらESTABLISHEDというステータスに変わります。

TIME_WAITは、FINを受信した場合になる状況で、同じポート番号を使用しないために何秒か待ち状態になり、CLOSEDとなります。
XPでは、デフォルト240秒のようで、レジストリを変更することにより最短30秒からに指定できます。

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.