Japanese / English
コマンドプロンプトのpath
pathコマンドは、実行可能ファイルの検索をするパスを設定するコマンドです。
C:\pgm\bat配下に実行可能ファイルa.exeが存在するとします。このファイルを実行する場合、cdコマンドでC:\pgm\batまで移動してa.exeと入力して実行するか、C:\pgm\bat\a.exeと入力して実行しなければいけません。
これだとすごく面倒なので、pathコマンドでC:\pgm\batをパスに設定することによってカレントディレクトリがどこであってもa.exeと入力すればC:\pgm\bat\a.exeが実行できるようになります。

C:\pgm\batにパスを設定する場合は

path C:\pgm\bat

というように書きます。複数のパスを一度に設定したい場合は

path C:\pgm\bat;C:\winnt

というように ; で区切ります。
pathコマンドで注意しなくてはいけないのは、パスにもともとC:\winntが設定されているとします。そして path C:\pgm\bat と実行するともともと設定されていたC:\winntはクリアされてしまいます。
現在設定されてあるパスC:\winntに新たにC:\pgm\batを追加したい場合は

path C:\pgm\bat;%path%

というように書きます。 %path% には現在設定されてあるパスC:\winntが格納されているのでC:\winntがクリアされることはありません。

現在設定されているパスを表示するには

path

というように書きます。

path ;

と書くと、現在設定されてあるパスを全てクリアします。

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.