Japanese / English
コマンドプロンプトのtree
treeコマンドは、カレントディレクトリ配下のディレクトリ構造をツリー形式で表示するコマンドです。書き方は

tree

というように書きます。パラメータでドライブもしくはディレクトリを指定すると、そのドライブもしくはディレクトリ配下のディレクトリ構造をツリー形式で表示します。
ディレクトリを指定する場合は絶対パスか相対パスで指定します。カレントディレクトリがC:\として、C:\bat配下のディレクトリ構造を表示する場合の書き方は

≪ディレクトリを相対パスで指定する場合≫
tree ..\bat

≪ディレクトリを絶対パスで指定する場合≫
tree C:\bat

というように書きます。ドライブを指定する場合は

≪ドライブを指定する場合≫
tree C:

というように書きます。

treeコマンドのオプション
treeコマンドはツリー形式でディレクトリ構造を表示するコマンドですが、 /f オプションを使用すると、ディレクトリ配下のファイルを表示することができます。

/a オプションを使用すると、ディレクトリを結ぶ線がグラフィック文字の代わりにテキスト文字に変わって表示されます。

treeコマンドの表示例
treeコマンドの表示例

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.