Japanese / English
コマンドプロンプトのtype
typeコマンドは、 テキストファイル の内容を表示するコマンドです。
テキストファイルの内容を編集したり、バイナリファイルの内容を表示することはできません。
書き方は

type ファイル名
というように書きます。表示したいファイルが複数ある場合は

type ファイル名1 ファイル名2
というように空白で区切ってファイル名を指定します。ファイル名自体に空白が含まれる場合は、ファイル名を二重引用符「"」で囲みます。
表示したいファイルがカレントディレクトリとは違うディレクトリに存在する場合は、絶対パスか相対パスでファイルを指定します。
例えば、現在C:¥batがカレントディレクトリとします。C:¥配下にあるtest.txtを表示したい場合は

≪相対パスで指定する場合≫
type ..¥test.txt

≪絶対パスで指定する場合≫

type C:¥test.txt
というように指定します。
実際ではtypeコマンドは以下のようにmoreコマンドと組み合わせて使用することが多いです。

type C:¥test.txt | more
typeコマンドの使い方
typeコマンドの使い方

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.