Japanese / English
コマンドプロンプトのtracert
tracertは、自ホストとリモートコンピュータとの途中経路を表示するコマンドです。
途中経路とは、具体的にルータのIPアドレスとなります。

≪192.168.1.50にtracert≫
Tracing route to 192.168.1.50 over a maximum of 30 hops 1 <10 ms 15 ms <10 ms 192.168.1.254 2 31 ms 63 ms 47 ms 192.168.1.50 Trace complete.
Tracing route to 192.168.1.50 over a maximum of 30 hops
↑最大30台までのルータを経由して、IPアドレス192.168.1.50のリモートコンピュータにパケットを送信します。

1 <10 ms 15 ms <10 ms 192.168.1.254
↑192.168.1.254に3回パケットを送信し、それぞれ10ms以下、15ms、10ms以下で応答が返ってきています。

2  31 ms 63 ms  47 ms 192.168.1.50
↑192.168.1.50に3回パケットを送信し、それぞれ31ms、63ms、47msで応答が返ってきています。

Trace complete.
↑自ホストから192.168.1.50への途中経路表示の完了。


リモートコンピュータまで正しくルーティングされていなければ、以下のようなエラーが返ってきます。
「Destination host unreachable.」
「Request timed out.」
ルーティング設定間違い、リモートコンピュータの電源がOFFである、そのIPアドレスのリモートコンピュータが存在しない、tracertコマンドを実行したパソコンと、リモートコンピュータ間のケーブル類の断線、ハブの故障などが考えられます。

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.