Japanese / English
Generation Gap
Generation Gapとは、親クラスは自動生成ツールを使用して作成し、その子クラスをプログラマーがコーディングするデザインパターンを言います。
こうすることにより、自動生成ツールは親クラスを何度もコーディングしなおすことができますし、子クラスは自動生成ツールによって上書きされる心配がないため、プログラマーは自動生成ツールに上書きされることを心配することなくコーディングをすることができます。

このデザインパターンには決まりごとがあります。

まず親クラスに対しては、プログラマーはコーディングはしません。上書きされる恐れがあるためです。
逆に自動生成ツールは子クラスを上書きしません。プログラマーのコーディングの上書きを防ぐためです。

ここで例をあげます。
自動生成ツールを最初に実行すると parentA,childA,parentB,childB というクラスを作成します。
最初に作成後、childA,childBクラスにはプログラマーのコーディングが加わるため、自動生成ツールはchildA,childBは一切触りません。
そのかわり、なにかあれば親クラスであるparentA,parentBクラスを変更します。
このようにロジックと自動生成部分を綺麗にわけたのをGeneration Gapと言います。

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.