Japanese / English
File
Fileクラスは、コンストラクタの引数で指定したファイル又はディレクトリを操作するためのクラスです。
このクラスを使用してファイルを作成するには以下のようにします。

import java.io.File;
import java.io.IOException;

public class MkFile {
    public static void main(String[] args) {
        File fl = new File("C:\\a.txt");
            try {
                fl.createNewFile();
            } catch (IOException e) {
                e.printStackTrace();
            }
    }
}
File#createNewFile()メソッドでc:\配下にファイルが作成されます。
但し、Fileクラスのコンストラクタの引数でC:¥¥a.txtとベタ書きしているため、これはWindows環境でのみ作成されます。
Unixではファイルの区切り文字には/(スラッシュ)を使用するためです。

このためFileクラスには pathSeparator というフィールドが用意されています。
このフィールド値は、システムに依存するため、Windowsでは¥を示しますし、Unixでは/を示します。
staticフィールドなので File.Separator というように記述します。

このクラスはファイルを作成したりすることは出来ますが、ファイルの中身を読み込んだり書き込んだりすることはできません。

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.