Japanese / English
write()メソッド
java.io.BufferedWriterクラスのwrite()メソッドでファイルに書き込みを行うことが出来ます。
ファイルが存在しない場合、ファイルを新規作成します。
以下、例です。

import java.io.BufferedWriter;
import java.io.FileOutputStream;
import java.io.IOException;
import java.io.OutputStreamWriter;

public class Test{
    public static void main(String[] args) {    
        FileOutputStream    fos            = null;
        BufferedWriter        writeFile    = null;
        try {
            fos            = new FileOutputStream("c:¥¥test1¥¥test2¥¥kekka.txt");
            writeFile    = new BufferedWriter(new OutputStreamWriter(fos,"Shift_JIS"));
        } 
        catch(Exception e) {
            e.printStackTrace();
        }
        
        try {
            writeFile.write("test");
            writeFile.newLine();
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
        }finally{
            try {
                writeFile.close();
                fos.close();
            } catch (IOException e) {
                e.printStackTrace();
            }
        }
    }
}
これでc:¥test1¥test2¥kekak.txtが作成され、中身にtestと書いたファイルが作成されます。
BufferedWriterのclose()メソッドを先に呼び出さないと、java.io.IOExceptionエラーとなります。

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.