Japanese / English
文字と文字列について
Javaでは文字と文字列は異なる型として扱われます。文字はchar型(基本データ型)で、文字列はString型(参照データ型)で扱われます。
charは基本データ型で、以下の例のように文字をシングルクォーテーションで囲んであらわされます。

char moji = 'A';
これに対して、文字列はString型のオブジェクトで、参照データ型になります。文字列は以下のようにダブルクォーテーションで囲んで宣言します。

String moiretsu = "aaa";
ですので下記のような構文はエラーとなります。

String moji = 'A';
char mojiretsu = "aaa";
このように文字と文字列は違います。
ですので、文字を文字列に変換したいといった場合がありますが、明示的にキャストするとエラーになりますので、文字を文字列にするには + 演算子を使用します。

String a = "" + 'A';
このように文字列""とくっつけることにより文字Aを文字列Aに変換することが出来ます。

Back to top

Information
Information
社長ブログ


運営サイト




広告



Google Search
PV
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.