Japanese / English
クラスパス
Javaをコンパイルや実行する際に、そのプログラムが別のクラスを使用している場合があります。
そのような場合、別のクラスがどこに存在しているかわからないため、NoClassDefFoundErrorが発生します。
これを回避するにはjavacなどのオプションで-classpathを指定して回避できます。詳しくは コンパイルする を御覧下さい。

ですが、クラスパスという環境変数を使用するとこの手間が省けます。
クラスパスはクラスファイルがどこに存在するかを登録しておく仕組みのことです。

クラスパスを通す
クラスパスを登録することを、クラスパスを通す、などといいます。
通常、クラスを作成する場所にクラスパスを通しておくと便利です。
以下は、C:\javaをクラスパスに登録する例です。

クラスパスを通す
クラスパスを通す

カレントディレクトリにクラスパスを通す
カレントディレクトリをCLATHPATHに追加するには、 .; と入れます。
.(ドット)はカレントディレクトリを意味しますので、これで追加されます。

Back to top

Information
Information
社長ブログ


運営サイト




広告



Google Search
PV
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.