Japanese / English
インターフェース
javaではインターフェースというクラスに似たものがあります。
インターフェースは以下のようにinterfaceキーワードを使用して宣言します。

interface インターフェース名{
	// フィールドの定義
    int i=0;

    // メソッドの定義
    void method();
}
インターフェースにはいくつか特徴があります。

・インターフェースはコンストラクタを定義することが出来ない。
・フィールドとメソッドを持つことが出来るが、フィールドは定数で、初期化していなくてはいけない。
・メソッドは宣言だけで処理内容を記述することは出来ないので上記のように定義だけ記述す。

このようにインターフェースには特徴がありますが、実装するクラス側でも決まりのようなものがあります。
それは

・インターフェースで定義したメソッドは全て定義する必要がある。
・インスタンス化することができないので、以下のようにコーディングするとエラーになる。

testInterface test = new testInterface();

ちなみに、インターフェースでは定数が定義できますが本来記述すべきではありません。

インターフェースの実装
インターフェースを実装するクラスはimplementsキーワードを使用してクラスを定義します。

public class test implements インターフェース名{
    void method(){
        // メソッド処理内容記述
    };
}

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.