Japanese / English
HTTPプロキシサーバ
HTTPプロキシサーバとは、JMeterでプロキシサーバを起動し、そのプロキシ経由でブラウザからWEBアプリケーションにアクセスすることにより、そのリクエスト全てをサンプラーとして自動的に登録してくれる機能です。
サンプラーが多数になるような大規模のWEBアプリケーションの負荷テストなどには便利です。

HTTPプロキシサーバを使用するには下図のようにワークベンチを選択し、「追加」 - 「Non-Testエレメント」 - 「HTTPプロキシサーバ」を選択します。


HTTPプロキシサーバ
HTTPプロキシサーバ

すると下図のようにHTTPプロキシサーバが作成されます。
ポートはデフォルトで8080で、特に変更する必要はありません。他のアプリとポートがバッティングする場合は変更する必要があります。
次に「挿入するパターン」の下にある追加ボタンを押下して挿入するパターンを追加します。
全てのリクエストを追加する場合は、何も設定しない、又は.*と入力すれば全てのリクエストがサンプラーとして登録されます。
登録したくないパターンがあれば「除外するパターン」に登録します。このパターンには正規表現が使用できます。

HTTPプロキシサーバ
HTTPプロキシサーバ

次にブラウザの設定でプロキシサーバを使用するように変更する必要があります。
「ツール」 - 「インターネットオプション」で下図ウィンドウを開き、接続タブの「LANの設定」をクリックします。

HTTPプロキシサーバ
HTTPプロキシサーバ

すると「ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定」が開きますので、下図のように設定します。

HTTPプロキシサーバ
HTTPプロキシサーバ

これで設定は完了です。後は、HTTPプロキシサーバの一番下にある「開始」ボタンを押せばプロキシサーバが起動しますので、その状態でWEBブラウザからWEBアプリケーションにアクセスすると、全てのリクエストをサンプラーに登録してくれます。
この時、HTTPプロキシサーバの「対象となるコントローラ」にスレッドグループやシンプルコントローラを指定するとその配下にサンプラーが登録されます。

注意点
Tomcatなどでローカルで開発している時にJMeterのHTTPプロキシサーバを使用すると、ポートがバッティングする為(デフォルトは8080)正常にTomcat起動しません。

記録コントローラの使用
プロキシを通して作られたサンプラーは、HTTPプロキシサーバ設定項目の「対象となるコントローラ」でどこに記録するか設定できます。
デフォルトは「記録コントローラの使用」となっています。
ロジックコントローラに記録コントローラがあるので、それをテスト計画に追加すると、プロキシを通して作られたサンプラーは全て記録コントローラ配下に作成されます。

挿入するパターン、除外するパターン
プロキシを通してサンプラーを作る時に、テスト計画に必要ないパターンはあらかじめ「除外するパターン」に登録します。
このパターンには正規表現を使用することが出来ます。
以下は.gifで終わるリクエストパターンを抽出する例です。
.*\.gif

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.