Japanese / English
ファイルからロードする
Propertiesクラスはキーと値を持つクラスです。
Propertiesクラスで便利なのは一定の書式のファイルからキーと値を一度にセットすることが出来ることです。
ファイルをロードするにはload()メソッドを使用します。

ファイルの書式
キーとセットの組み合わせをプロパティと呼ぶ場合、プロパティは1行単位で記述します。
ファイルの各行の終端は(¥n、¥r、¥r¥n)で識別されます。
また、行の先頭に、#もしくは!を記述した場合、この行はコメント扱いとなりプロパティはセットされません。

プロパティは、キー=値もしくはキー:値と記述します。
イコールとの間に半角スペースがあっても問題ありません。

プロパティファイル
以下はプロパティファイルの例です。

user=conf
pass=1234
サンプル
以下はプロパティファイルをロードするサンプルです。

import java.io.FileInputStream;
import java.util.Properties;

public class Test{
    public static void main(String[] args){
        Properties prop = new Properties();
        try{
            prop.load(new FileInputStream("c:¥¥test.properties"));
        }catch(Exception e){
            e.printStackTrace();
        }
        System.out.println(prop.getProperty("DATABASE"));
    }
}
プロパティファイルc:¥test.propertiesは以下の通りとします。

DATABASE=oracle
出力結果は以下の通りとなります。

oracle

Back to top

Information
Information
社長ブログ


運営サイト




広告



Google Search
PV
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.