Japanese / English
ファイルからロードする
Propertiesクラスはキーと値を持つクラスです。
Propertiesクラスで便利なのは一定の書式のファイルからキーと値を一度にセットすることが出来ることです。
ファイルをロードするにはload()メソッドを使用します。

ファイルの書式
キーとセットの組み合わせをプロパティと呼ぶ場合、プロパティは1行単位で記述します。
ファイルの各行の終端は(¥n、¥r、¥r¥n)で識別されます。
また、行の先頭に、#もしくは!を記述した場合、この行はコメント扱いとなりプロパティはセットされません。

プロパティは、キー=値もしくはキー:値と記述します。
イコールとの間に半角スペースがあっても問題ありません。

プロパティファイル
以下はプロパティファイルの例です。

user=conf
pass=1234
サンプル
以下はプロパティファイルをロードするサンプルです。

import java.io.FileInputStream;
import java.util.Properties;

public class Test{
    public static void main(String[] args){
        Properties prop = new Properties();
        try{
            prop.load(new FileInputStream("c:¥¥test.properties"));
        }catch(Exception e){
            e.printStackTrace();
        }
        System.out.println(prop.getProperty("DATABASE"));
    }
}
プロパティファイルc:¥test.propertiesは以下の通りとします。

DATABASE=oracle
出力結果は以下の通りとなります。

oracle

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.