Japanese / English
threadの作成(インターフェース)
スレッドを作成するにはjava.lang.Threadクラスを継承する必要があります。
しかし、継承しなくても Runnable インターフェースをimplementsすることによりスレッドを実装することができます。
以下に、スレッドクラスをRunnableインターフェースをimplementsしたスレッド(MyThread)を作成します。runメソッドをオーバーライドしています。

public class MyThread implements Runnable{
    public void run(){
        for (int i=0;i<10;i++){
            System.out.println(Thread.currentThread().getName());
        }
    }
}
継承と違うのは、上記クラスで作成したスレッドクラスをインスタンス化し、 そのインスタンスをThreadのコンストラクタに引数として渡す 点です。
そして、Threadのインスタンス(下の例で言うとth)が start() メソッドを呼び出すことにより、コンストラクタで渡したインスタンスの run() メソッドが実行されます。
以下を見てください。

public class TEST {
    public static void main(String[] args){
        MyThread thread1 = new MyThread();
        MyThread thread2 = new MyThread();
        
        Thread th = new Thread(thread1);
        th.start();
        th = new Thread(thread2);
        th.setName("スレッド2");
        th.start();
    }
}
この実行結果は以下のようになります。

Thread-0
Thread-0
Thread-0
Thread-0
Thread-0
Thread-0
Thread-0
Thread-0
Thread-0
Thread-0
スレッド2
スレッド2
スレッド2
スレッド2
スレッド2
スレッド2
スレッド2
スレッド2
スレッド2
スレッド2

Back to top

Information
Information
社長ブログ


運営サイト




広告



Google Search
PV
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.