Japanese / English
WindowsのIISでphpリクエストを処理する
PHP をIISで使う場合は、PHP 5.3 VC9 Non Thread Safe あるいは PHP 5.2 VC6 Non Thread Safe を選びます。(推奨されています)
こちらよりダウンロードします。C:¥phpに保存したとします。
C:¥php¥php.iniをfastcgiで処理できるように編集します。
編集は以下のとおりです。

fastcgi.impersonate = 1
fastcgi.logging = 0
cgi.fix_pathinfo=1
cgi.force_redirect = 0
次に、Microsoft FastCGI Extension for IIS 5.1 and 6.0をダウンロードしてインストールします。32 ビット版と 64 ビット版があるので、 環境にあわせて適切なパッケージを選んでください。
IISがインストールされてないと、正常にインストールできません。
インストールが終わると、コマンドプロンプトから以下を実行します。

cscript %windir%¥system32¥inetsrv¥fcgiconfig.js -add -section:"PHP" 
 -extension:php -path:"C:¥PHP¥php-cgi.exe"
※1行で書いてください
実際は、C:¥WINDOWS¥system32¥inetsrv¥fcgiext.iniに以下を追加しているのと、IIS6のアプリケーションマッピングにphpとC:\WINDOWS\system32\inetsrv¥fcgiext.dllをマッピングしているだけです。

[Types]
php=PHP

[PHP]
ExePath=C:¥PHP¥php-cgi.exe
ただ、手動でさわると面倒なので追加は上記のコマンドでやったほうが良いです。
おかしくなったらRemoveします。

cscript %windir%¥system32¥inetsrv¥fcgiconfig.js -Remove -section:"PHP"
正常に追加、削除できた場合は、INI successfully written.と表示されます。
これでphpファイルにアクセスすると正常に表示されます。
エラーが出る場合は、Could not find entry for "php" on site 1 in [Types] section.などと出るようです。

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.