Warning: include_once(/home/sites/heteml/users/m/o/r/moriya-h5/web/confrage/bin/menu.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/moriya-h5/web/confrage/linux/CentOS/vsftpd/vsftpd_conf/vsftpd_conf.html on line 29

Warning: include_once(): Failed opening '/home/sites/heteml/users/m/o/r/moriya-h5/web/confrage/bin/menu.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/users/2/moriya-h5/web/confrage/linux/CentOS/vsftpd/vsftpd_conf/vsftpd_conf.html on line 29
 
トップページ >  CentOS >  vsftpd.confの編集
初版2009/08/05: 最終更新日2009/08/05
vsftpd.confの編集
目次
vsftpd.confの編集
ASCIIモードで転送
FTPユーザ
FTPクライアントのユーザー名表示
FTPクライアントで再帰的にダウンロード
vsftpd.confの編集
vsftpd.confを編集するには

vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

で編集します。
ASCIIモードで転送
アスキーモードでの転送を有効化するには、

#ascii_upload_enable=YES
#ascii_download_enable=YES

上記を

ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES

というように変更します。 # はコメントです。
FTPユーザ
FFFTP等のソフトで繋がるようにFTP用のユーザを作成します。
userlist_enable=NO
userlist_deny=NO
userlist_file=/etc/vsftpd/user_list
上記のように設定すると、/etc/vsftpd/user_listが有効となり、このファイルに登録されたユーザのみログインできるようになります。
※この設定にすると、/etc/ftpusersで指定されているユーザはログインできません。
FTPクライアントのユーザー名表示
FTPクライアントでユーザー名を表示するには、

text_userdb_names=YES

を追加します。

そして再起動します。

/etc/rc.d/init.d/vsftpd restart
FTPクライアントで再帰的にダウンロード
FTPクライアントでサーバからディレクトリを再帰的にダウンロード出来ない場合、下記の設定を追加する必要があります。
ls_recurse_enable=YES
を追加します。

そして再起動します。

/etc/rc.d/init.d/vsftpd restart

Warning: include_once(/home/sites/heteml/users/m/o/r/moriya-h5/web/confrage/bin/side_bar.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/moriya-h5/web/confrage/linux/CentOS/vsftpd/vsftpd_conf/vsftpd_conf.html on line 126

Warning: include_once(): Failed opening '/home/sites/heteml/users/m/o/r/moriya-h5/web/confrage/bin/side_bar.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/users/2/moriya-h5/web/confrage/linux/CentOS/vsftpd/vsftpd_conf/vsftpd_conf.html on line 126