Japanese / English
2つのバッチファイルでjavaのコンパイルを実行する
javaでコンパイルする場合、コマンドプロンプトからコンパイルしますが、一々入力してコンパイルするのは結構面倒なものです。
そこでコンパイルするコマンドをバッチファイルにあらかじめ書いておき、そのバッチファイルをダブルクリックするだけでコンパイルできるようなバッチファイルを作成します。

普通バッチファイルをダブルクリックして終了すると勝手にウィンドウも閉じますが、今回はコンパイルした時のコンパイルエラーを表示したいので、バッチファイルが終了してもウィンドウは閉じないようにしなくてはいけません。ですので、2つのバッチファイルを使用します。ファイルの保存場所は以下のようにします。

C:¥java¥java1.bat
C:¥java¥java2.bat

まずjava1.batをダブルクリックで起動します。以下はjava1.batの中身です。

@echo off
if exist .¥java2.bat (
  cmd /k .¥java2.bat
)

java1.batの中でcmdコマンドを使用してjava2.batを起動しています。この時 /k オプションを使用してウィンドウが閉じないようにしています。
cmdコマンドの詳しい使い方はこちらを見てください。以下はjava2.batの中身です。

@echo off
C:
if exist C:¥java¥nul (
  cd C:¥java
  javac *.java
)

java2.batの中でC:ドライブに移動し、C:¥javaフォルダが存在すればそのフォルダに移動し、そのフォルダ配下の全てのjavaファイルをjavacコマンドをコンパイルしています。
この時、エラーが出てもウィンドウは閉じないのでエラーを見ることができます。

また次からはこのウィンドウにそのまま

java2.bat

と入力することでコンパイルが可能になりますので大変便利です。

Back to top

Information
SEO対策 大阪  税理士 相談  税理士 守口市  税理士 大阪市  税理士 枚方市  自動車ガラス 神戸  シール印刷 神戸  ブリリアントアパートメント  株式会社CONFRAGE  英会話 個人レッスン 京都市右京区  京都市右京区西京区でマンツーマン英会話 
このページはCONFRAGEの著作物です。このページを複製・転載することを禁じます。CopyRight(C)2003-2016 CONFRAGE All rights reserved.